秋の枝物

台風が去って、、
秋もまた一段と深まって、空もどんどんと高くなって、、

大好きな枝物も、実物が増え
秋らしくなってまいりました。

これは 「ヤブサンザシ」と申します。
サンザシ(山査子)といえば、
女の子なら知っているかしら?

私の若いころは杏露酒が流行っていて
その姉妹商品というか、
シリーズで、紅い色のサンザシチュウなるものが出ていました。
(今もあるようです。)
それはそれは若いころ、
ジュースのような飲みやすさに
中華料理屋さんでお世話になりました(笑)

このヤブサンザシは小ぶりですが
お酒を漬けるものは、姫林檎ほどの大きさがあるようです、、

院で飾った枝を
お家に持って帰ってきて飾るのも、贅沢な遊び。

フランスのアンティークの、鳥さんたちと。。。

 

我が家のにゃん。

アタシ、カモノハシを捕まえてきたので
褒めてください。

アォウ、アォウ 言いながら階段を降りてくるネネちゃん。
必ず何か捕まえてきます。

お気に入りのカモノハシのぬいぐるみ。
クマだったり、犬だったり、鳥さんだったりするのです。

すごいじゃん〜!!
で、とっても得意げです。

それから、夏の風物詩。

蓮ちゃん。
ザラザラのベロで削って食べるスイカ。
大好きなのですよ、、、
何でしょうね〜〜

他にも、トウモロコシにブロッコリー
サヤインゲン、キャベツ、キュウリ、、、

ベジキャットなのです(笑)
畑をやっている 我が家に来てよかったね〜

もちろん、食べてるスイカは母の畑のスイカです♡

 

夏の雲と、富士山と。

7月の終わりに、お休みをいただいて
お友達と福岡旅行へ出かけました。

夕方に出発した飛行機の窓から
もくもくと、夏の雲に囲まれた富士山が見えました。

日本人ですね、
富士山を見ると、なんだかワクワクしてしまうもの。

空港から地下鉄二駅で博多駅なんて
すごく便利〜〜

タクシーに乗ってお出かけした「河太郎」は
お客さまのおすすめ。

生簀を囲むように、コの字になったカウンター席で
板さんが、烏賊を網ですくってくれて
料理してくれます。

ひらひらと泳ぐ、透き通った烏賊を見ながら
烏賊を食べちゃうなんて
ちょっと残酷なのだけど
びっくりする美味しさでしたよ、、、

これはとってもいい経験でした〜