夏の終わりに

暦の上では、もうとっくに秋に変わり
朝晩の空気が少し涼しく
空の色も高さも、雲の表情にも
秋を感じるようになりました。

長くて涼しかった梅雨とは裏腹に
暑かったこと、、、
35度越えが毎日で、35度を下回ると涼しくさえ思ってしまう。。
異常な暑さでした。

今年の夏は、お祭りも花火も帰省もなくて
とっても静かで、心穏やかでもありました。

これは、根が引きこもりの私だからかも知れませんが、、

夜が気持ちよくなる季節に向けて
お気に入りの本を何冊か、、、

ガラクタ捨てれば自分が見える
 カレン・キングストン

これは、年に何度も読み直しては
断捨離をする本、、、
あースッキリしないなあー
とか、なんとなく落ち着かない時に
読み直しては家中の引き出しを開けて
一度全部出して、掃除して
しまうっていう繰り返しです。

すごく、片付くんです。
おすすめ。

なまけ者のさとり方
タデウス・ゴラス

この本は、読んでから
気持ちがすごく楽になりました。
生きていくのが楽というか、、、

何か人に押し付けてしまったり
もっとこうしてくれたらとか
なんでこうなんだろうとか、、
電車の中で、見知らぬ人にストレスを感じたり、、

現代は毎日生きていくのもストレスにさらされています。

それが、この本を読んで
すごーーーく楽になりました。

いい意味で、個人を尊重出来るようになりました。

お気に召すかわかりませんが
秋の夜長は
読書やら、映画やら
親しい人にお手紙を書いたり、、、

窓から入ってくる涼しい夜風に当たりながら
ゆったり過ごせるといいですね。

見送ること。

久しぶりに大好きなお友達と会って
時間が経つのも忘れておしゃべりして、、
もうお別れの時間、、、
「じゃあ、またね」
って手を振り合う。

その後、どうしてますか?

私は、見えなくなるまで
後ろ姿を見送ります。

振り返ってくれたり
くれなかったり
いろいろだけど、
もしも振り返ってくれた時に
いなかったら寂しいなと。

ありがとう と 気をつけて帰ってね
の気持ちを込めて。

日本では、
ハグやキスで気持ちを表現するようなことはないけれど

一緒に過ごした時間や
相手のことを大切に想っていること、、
伝わると嬉しいものです。

IMG_0372

無花果の季節です。

さらりとした秋の風が吹いて
空はいつの間にか 少しづつ高くなって
秋の夜は、ゆっくり過ぎていきます。

スーパーには、大好きな無花果(イチジク)が、、

image1 (3)

この時期になると、古い均整院には
「施術後に無花果を食べないでください」

と、張り紙が貼られます。

ひどい時には、腰を抜かして立てなくなったとか
骨盤周りに痛みが出たりと聞きました。

これは、無花果のヒスタミンと仙骨2番が関係してきます。
勉強不足なのですが、無花果に含まれるのか体に入って反応し
細胞から誘離されるのかわかりませんが
骨盤周りに痛みが増したり、出てきたりするようです。

今までは、あまり無花果はスーパーでも気にならなかったのですが
今年は豊作なのか、たまたま目につくのか、、、

ドライだったら大丈夫だと思うのですが、
施術の当日は、生の無花果を召し上がらないように
ご注意くださいね。

桃も梨も、もうすぐ終わり。
秋は葡萄と洋梨、柿でしょうか、

美味しい林檎の出てくる冬も待ち遠しいです。。