乙女椿

少し前に、待合室に飾ってあった椿の枝
かたい蕾で持ち帰ってきた、その枝は
水揚げをして、霧吹きで水を沢山かけて

緑色の蕾が、ゆっくりとピンク色を帯びてきて
ふんわりと開いたら、、
何とも美しいこと、、

八重咲の乙女椿、、、
今年初めて飾りました。

毎年、椿の枝は飾るのですが、
白や赤の、古典的な椿が多く
八重咲の、シャネルのカメリアマークを思い出させる椿は初めて。

写真では、だいぶ優しいピンクですが
最初に咲いた花は、もっと濃いピンクで
時間をかけて咲いた子たちは
栄養もお水も、太陽も足りないから色も少し淡くて
これはこれで、とても美しい、、、

お日様がもう春っぽくなってきたなぁと感じながらも
朝晩の寒さは、あとちょっと、、、

なんて思いながら
我が家のベランダで、蕾を膨らませている椿が
花開くのが待ち遠しい。。

台風に備えて

この週末に、とても大きな台風が来るようですね、、
何を用意したらいいのか
わからないけれど
ベランダをお片づけ

花も散ってしまうだろうと
美しく咲いていた
ラベンダーセージを切って
お部屋の中で愛でようと。

各地の被害が
少なくなりますようにと
祈りながら

師走が、もうそこまで、、、

この週、うちの花屋がホクホク顔で持ってきた枝。
嬉しそうに、大きな包みを抱えて、、

何年も、枝ものを飾っているのだけど
初めてって、やっぱり嬉しいもの。

この秋初めて、梔子(クチナシ)の枝が入りました。
クチナシといえば
白いビロードのような、美しい花びらに
日本三大香木と言われるほどの香り。

それと。
やっぱり、栗きんとん!!

お節に入れる栗きんとん。
鮮やかな黄色にするために
クチナシの実と一緒に煮ます。

お節の話をするなんて、、
もうほんとすぐそこに、12月、、
師走がきてる気がします、、
(気のせいではない、、)

美しい枝が入ったなぁと。
はじめまして。と言いながら、枝を飾ることの嬉しさ。。

素敵な花屋が近くにいるって、
なんて幸せなんでしょうね。