夏至

梅雨空にお日様が隠れ
紫陽花は盛り、、、
「夏至(げし)」を迎えます。

夏至は「日長きこと至る(きわまる)」
という意味があり
一年の中で、最も昼が長く
夜が短くなる日。

これから、夏の盛りへと
暑さが日に日に増していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色く色づいた梅を梅干しにするため
母は梅仕事に精を出し
畑では、例年よりも大ぶりのブルーベリーが
もう収穫出来ています。

咲くのが早かった紫陽花は
お日様で美しいグラデーションへと退色し
夏の花、ダリアたちもポンポン咲いて、、

梅雨っぽい空も空気も
そんなに嫌いじゃないなと
雨に濡れた草木をみていると思えてきます。

湿気と気温差で体調を崩す方が多く感じます。
この時期だからこそ、
お身体を冷やさぬよう、どうぞご自愛くださいませ。