季節は立春へ

大好きな節分(豆まき)も終わり、、
季節は「立春(りっしゅん)」へ。

立春の4日は、なんとも暖かい日で
風邪が気持ちよく
家中の窓をあけて
2月の最初とは思えない
暖かい空気をお部屋に向かい入れました。

お休みだったので、夜に撒いた豆を掃いて
玄関の外をお掃除。。

やはり、、暖かい日は嬉しいですね。

二週間かけて、院に飾った白木蓮も咲き誇り
春ももうすぐそこまで、、
といった感じ。。

あとちょっとで、この身を縮めて過ごす季節も終わり、、
春の準備をしている寒そうな木々を見上げながら
「もうちょっと、もうちょっとで、、、」と
待ち遠しいくて、ニヤニヤしちゃう。

師走が、もうそこまで、、、

この週、うちの花屋がホクホク顔で持ってきた枝。
嬉しそうに、大きな包みを抱えて、、

何年も、枝ものを飾っているのだけど
初めてって、やっぱり嬉しいもの。

この秋初めて、梔子(クチナシ)の枝が入りました。
クチナシといえば
白いビロードのような、美しい花びらに
日本三大香木と言われるほどの香り。

それと。
やっぱり、栗きんとん!!

お節に入れる栗きんとん。
鮮やかな黄色にするために
クチナシの実と一緒に煮ます。

お節の話をするなんて、、
もうほんとすぐそこに、12月、、
師走がきてる気がします、、
(気のせいではない、、)

美しい枝が入ったなぁと。
はじめまして。と言いながら、枝を飾ることの嬉しさ。。

素敵な花屋が近くにいるって、
なんて幸せなんでしょうね。

夏至

梅雨空にお日様が隠れ
紫陽花は盛り、、、
「夏至(げし)」を迎えます。

夏至は「日長きこと至る(きわまる)」
という意味があり
一年の中で、最も昼が長く
夜が短くなる日。

これから、夏の盛りへと
暑さが日に日に増していきます。

黄色く色づいた梅を梅干しにするため
母は梅仕事に精を出し
畑では、例年よりも大ぶりのブルーベリーが
もう収穫出来ています。

咲くのが早かった紫陽花は
お日様で美しいグラデーションへと退色し
夏の花、ダリアたちもポンポン咲いて、、

梅雨っぽい空も空気も
そんなに嫌いじゃないなと
雨に濡れた草木をみていると思えてきます。

湿気と気温差で体調を崩す方が多く感じます。
この時期だからこそ、
お身体を冷やさぬよう、どうぞご自愛くださいませ。