母とふたりで。

昨年の年の瀬、、
実家に帰って、母とふたりで御節を作りました。

黒豆、松前漬け、身欠き鰊に伊達巻き、田作り、、
これは、我が家用ではなく、お持たせ用の一段御節。

20170128003929a54.jpg

大好きな伊達巻は、今年は私担当。

2017012800174048e.jpg

卵に山芋、はんぺん、お砂糖にお醤油。
ミキサーで、ぐわぁーっと回して、天板に流しいれてオーブンへ。。

卵の焼ける、香ばしくて甘い匂いに
ワクワクしながら、伊達巻の顔色をのぞき込む…

巻き簾で、一度撒いてから、もう一度丁寧に巻き直して、巻き簾ごと輪ゴムで縛って冷やす。

その間に、お母さんに身欠き鰊を教わって。。

2017012800172964e.jpg

奥に見えるのが、伊達巻です〜〜

身欠き鰊は丁寧に、一つ一つ昆布で巻いて
かんぴょうで、縛っていきます。

長いまま、お鍋に入れて、唐辛子と一緒にちょっとピリ辛に。

20170128001718d9f.jpg

毎年、少しづつお母さんに教えてもらって
自分のものにしていくことも嬉しい。

それに、やっぱり ふたりで作ると早いわねって。
毎年、夜中まで御節の仕込みをしていた母、、
ふたりでやれば、段取りも良く、夕食までに用意も終わり。

年を経るごとに、家族も集まらなくなってきたけれど
お正月には、母の御節とお雑煮で。

これだけは変わらずに。。

年末年始には、おばあちゃんが我が家にお泊まり。

お行儀の悪いレンちゃん、、
おばあちゃんからならご飯取れるかもと狙っています。。

20170128004851650.jpg

明けましておめでとうございます

真っ青な雲ひとつない 青空に
気持ちのいい風が吹いた元旦
新しい年の始まりは
胸がムズムズとするくらい嬉しい。

今年の抱負などを色々と描きながら
もっともっと、前に進めるように。
あっと言う間の一年だから。
ひとつ、ひとつ。毎日を丁寧に。

本年も皆様のお身体のメンテナンスを
お任せ頂けるよう 日々精進してまいります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

IMG_3367

あっという間に、、、冬至へ

お花を買いに、On Flowersさんに行って
「わぁ〜!!」
と思わず、声が出ちゃいました。

IMG_7614s

大きな枝についた、大きな宿り木!!!

もうそんな時期だよね〜!!
何て言いながら、年賀状やら大掃除に追われて
クリスマスの準備が終わってない、、、

どうしようどうしようと、わたわたしていたら
明日はもう冬至。。。
クリスマスというよりも、冬至だってことの方が何だかワクワク、、、

そうなんですよ〜〜
早稲田にある、穴八幡宮さんへ お札をいただきに行きます。

この辺では、とっても有名な商売の神様です。
冬至から、節分までお札をいただけて、
貼れるのは、冬至、大晦日、節分の午前0時のみ。

私の冬至は
①穴八幡宮さんへお参りに(お札をお返しして、新しいのをいただく。)
②午前0時にお札を貼る。
③柚子湯
④南瓜

です。
①と②は必須。頑張って③まで。
④は大体翌日(笑)

穴八幡宮さんの福々ニコニコ、プリップリの雰囲気を楽しみに行ってきますよ〜
ちなみに、朝の5時から開いています。
…すごいですよねっ!

今日は早く寝なくっちゃ。
皆様〜〜
明日は柚子湯と南瓜ですよ〜〜っ!!

image1 (1)