秋の愉しみ。

大好きな秋。

母の畑に咲く、可憐な秋桜。
ほくほくの黄色い栗。
美しく光る秋刀魚。
高い空に、風の見える薄い雲。
金木犀の甘い香り。


あんなに暑かった夏が終わって、秋も深まって。

今年は、贅沢に色とりどりの秋桜の中から白だけ。
可憐で素敵。

この秋は、初めて新米の美味しさに感動して
お米粒の一粒一粒を前よりもっと大事に思えて
そんな新米と、熊本から贅沢にお取り寄せした和栗で
ほくほくの栗ご飯を。


いつもよりも、暖房をつけるのが早くて
この冬は、すごく寒くなりそうだなぁ、、とか
去年ってどうだったっけ?
とか、これからくる冬を想う。

日暮れが早くて
気がついたら、とっぷりと日が暮れて。
「秋の日は釣瓶落とし。」
寒くなってきた夜も、膝掛けをかけたり
暖かい紅茶でほっこりと。。。

この頃のこと。

朝晩の風が、肌寒いと思うときもあるくらい
涼やかになって。
日中は、少し蒸したり、お日様が強いなぁと思う日もあるけれど
空の色も、雲の形も、もうすっかり秋。。。

つい数日間には、十五夜で、まんまるのお月様が眩しいくらいに輝いて
あんなに光っていたら
ウサギの餅つきなんて見えないわねぇ、、と思ったくらい。

ところで、今年初めて知ったのですけれど
十五夜と十三夜、お団子の数が違うって、知ってました?

十五夜は、15個。十三夜は13個。
面白いなぁと。


湿度も少し落ち着いてきたけれど
まだ暑いなぁと思ってしまう時があるから
何かと体を冷やしがち、、
夏の冷えが抜けないまま、秋を迎えて冷たい風に当たると良くないですね。

湯船に入るのを増やして、
お家では、靴下やレッグウォーマーをつけて
冷える季節に向けて、養生していかないとなぁ、、
と、自分に言い聞かせています。笑。


秋晴れの空に、百日紅の花が美しくて
暑い時分から咲いているから、もうそろそろ終わりかなぁと
鮮やかに咲いている百日紅の木々を想うと、少し切ない、、、


日光山輪王寺へ

1月の晴れた日に、
姉と一緒に、日光に行ってきました。

何だか、今年は方位(?)が良くないらしく
数年前までは、毎年行っていたのですが
この状況で、2年ほど郵送でお願いしていました。

今年は行ったほうがいいなぁと
日帰りを予定していましたが
姉も一緒にとなって、あれよあれよと温泉旅行になりました(笑)

知らなかったのですが、
北千住や、浅草から出ているスペーシアという特急に
個室車両があるらしく、
姉がそれを押さえてくれました。

あぁ、さすが仕事出来る人だわと
我が姉ながら感心、、


これで、おでかけです!

日光へはというと
朝一は新宿から一本で行けるのですが
北千住から、1時間40分ほどでしょうか?

景色は、海が見えるわけでも山が綺麗なわけではなく
狭小住宅の立ち並ぶ都会から
広々としたお庭を持つお家へと
徐々に変わっていくなぁと感じながら
畑が増えて、大きな川を越えて
遠くに山が見えてくる感じです。


東武日光駅について、ホテルに直行です。
思ったよりも雪が積もってなくて残念!!!
(姉は雪見風呂を楽しみにしてました。笑。)
温泉入ろう〜とか
お部屋からの景色を楽しんだり
久しぶりに姉とのお出かけも嬉しい。

夕食前に1回、寝る前に1回、朝起きて1回。
3回もお風呂に入って
身体を温めてから、いざ、寒い冬の輪王寺大護摩堂へ。


カイロを2個持ってきたけど
何度もお風呂に入ったせいか、そこまで寒くない!!

肝心の護摩は、すごーくカッコよくて
やはり、アトラクションというか
エンターテイメントというか、、、

とにかく迫力がありました〜
これで今年も無事に過ごすことが出来るなぁと木札をいただいて。

日光に来ると、ご挨拶に行く常行堂の神様にもご挨拶をして、街へ、、、

お昼ご飯を食べて、トコトコと歩いていると
あら?何あの暖簾。気になる。


人形焼の「みしまや」って書いてあるわ!
椿が可愛いじゃない!!
って、思ったら


やだ!!
すごい、何これ!
と大興奮です。

皆さま、日光といえばの「見猿、言わ猿、聞か猿」🙈🙊🙉です!!
眠り猫もいます!

やだー
かわいーほしー
となって、もちろん、連れて帰りました。

これが!
すごく美味しくって、
差し上げたお友達には
「今まで食べた人形焼の中で一番美味しかったです!」
なんて言われてしまいました。

確かに美味しかった!!
東武日光駅からすぐの場所なので、日光にお出かけの際には
ぜひお立ち寄りください〜〜

帰り道も、個室を取ってもらい
ゆったりと帰ってきました。

あぁ〜久しぶりの旅行、リフレッシュできました!
護摩も焚いて頂いたし、、、
今年もいいスタートです。