いかがお過ごしでしょうか?


季節は大寒(だいかん)へと移り変わり
パリっと冷えた空気に、夜空のお月様が煌々と輝いて。

巷では、インフルエンザが大流行。
暖冬のせいで、花粉も早めに来ている様子、、

こんなとき、風邪の予防といえばマスクですよね。
それから、手洗いうがい。

お客様には、こまめにお水を飲んでください!!
とお伝えします。
これは、インフルエンザの菌が喉から体内に入り込むまでに
20分の猶予しかありません。
出かけて、帰ってきてからではうがいをしても
遅いかもしれないということ。。。

喉についたインフルエンザの菌を水で洗い流して
飲み込みます。
すると、胃酸が菌を死滅させます。

なので、こまめに、10分、15分に一回とか
こまめにお水を飲んで頂いて
(もちろんお茶でも構いません)
帰ってきたら、手洗いうがいは必要ですが
予防法として一番確実なのでは、、と言われています。

マスクをせずに、外来をこなし、、
こまめにお水を飲むお医者様がいるそうですよ。

この乾燥した時期を、なんとか元気に乗り切りたいですね。




小豆かぼちゃ

「小豆かぼちゃ」

聞いたことありますか?

マクロビオティックのレシピでは有名かと思います。
聞いたことはあったのですが、
一度も作ったことがありませんでした。

小豆は大好きなのだけど、甘く煮ると甘すぎて…

IMG_7398s

小豆かぼちゃは、小豆とかぼちゃとお塩しか入っていない
とてもシンプルなもの。
でも、とってもすごい効果があるんですよ〜

腎臓の形に似た小豆は、腎臓の働きを高めて
血液の浄化、利尿作用を促しむくみを改善します。

小豆は陽性の食材、かぼちゃは中庸なので血流改善とともに
体を温めて、冷え性にも効果的。

また、葉酸が豊富に含まれているということもあり、
妊婦さんにもオススメ。
利尿作用で、妊娠中のむくみを軽減し、
母乳の分泌を促してくれるサポニンも含まれています。

IMG_7401s

【作り方】
小豆   1cup
かぼちゃ 150g
天然塩  小さじ1

①水洗いした小豆を、圧力釜に入れて形が崩れない程度に煮る。
(お水は、多すぎると良くない)
②鍋に小豆と煮汁を移し、角切りにしたかぼちゃを入れる。
③天然塩を入れて火にかける。
(私は天然塩の代わりに、塩麹小さじ1を入れます。)

IMG_7399s

かぼちゃがホクホクになったら出来上がり。
この頃には、少し硬めだった小豆も
ちょうど良く煮えています。

IMG_7400s

かぼちゃの美味しい季節。
秋の美味しいもので疲れた身体に、
優しい甘さの小豆かぼちゃ、いかがでしょうか?

ぜひお試しくださいね。

夏ですものっ!

お休みの日に、フットジェルをしに行ってきました〜

春夏秋冬、一年中足にはネイルをしている私です。。
いつもは、お洋服に合わせやすいように、赤やゴールドが多いです。

が。
夏ですもの

ちょっと夏っぽく、白とゴールドのネイルに!

会社で働いていた頃は、手にしていたけど、今は出来ないので、
足だけは。。

image_201308180102329b5s

何色にしようか、散々悩み、、、
素敵な提案をいただいて、出来上がりました〜

先日、うちの均整院に来てくださった「Nuu nail」のムネマツさんにお願いしました〜

「Nuu nail」さんは、うちと同じ、プライベートサロンです。

渋谷駅から、徒歩3分の程にあるネイルサロン。
ヒカリエがご近所で、帰りにお買い物が出来て嬉しい。

最近では、東中野近辺への出張もしているとのこと。
お忙しい方にとっては、嬉しいサービスですね。

ちょうどブログに載せようと思って「Nuu nail」さんを検索したら、
記事にしてくれていました〜

掲載して頂いた記事はこちら。

丁寧に説明をしながら、施術をしてくれる信頼できるサロンです。
気になる方は、どうぞ足を運んで下さいね〜