美味しいバターが食べたいっ!!

たまに、沸き起こるバター熱。
「美味しいバターが食べたいっ!!」

ときたら、フランス。
極上なのは、やはりグラスフェッドバター。

グラスフェッドとは、何なのか。

普通のバターはグレインフェッドバター
というもので、
英語で書くと
grass-fed butter / grain-fed butter
(草を与えられた / 穀物を与えられた)

グラスフェッドは自然の牧草のみを食べて
育った牛(牧草牛)
グレインフェッドはトウモロコシなどの穀物や人工餌を
食べて育った牛(穀物牛)

という違いがあります。
味はもう、格段に違くって
バターの色もさることながら
風味ももちろん、、すごいいいのです。
(パッケージもオシャレ!!)

油の質も、違いがあるのですが
これを説明すると健康オタクみたいになるので
やめておきます(笑)

今回はいろいろなバターをお取り寄せ。
いつもは無塩なのですが、
今回はお試しに有塩も。

フランスの有塩バターは少し塩が強いなぁと言うのが印象。
(無塩に慣れてるからかな??)

なるべく、身体に入れる油は良質なものを。。
というのが考えで、、
(もちろん、油以外もですがっ、、)

フランスから直送で届くバター。。
便利な世の中だわ、、

 

大好きな筍のこと。

毎年、沢山食べたい筍。
大好きなのです。

季節の物って美味しいですよね。

筍は「湯を沸かしてから取りに行け」と言われるほど
鮮度が大事。
買ったらすぐに水煮にすること!

そして、米ぬかで灰汁ぬきが基本。
唐辛子を入れろとの話もあるけれど
あれは意味がないと、和食の達人のお言葉です。

IMG_1972

もちろん、基本のき、煮物もつくったけれど
タケノコご飯も食べたい。

IMG_1966

少し上品に仕上げたタケノコご飯。

先月、和食屋さんで頂いた
賽の目の筍を昆布だしとお塩で炊いた、
上品な筍ご飯には足元にも及ばないけれど、、

それから、今年は新作!
筍炒飯!!!!

IMG_2151

賽の目に切った筍は、歯ごたえが美味しい。。
味付けは、バターとお醤油。
山椒の葉と、黒胡椒がきいてて美味しい。

これは毎年食べたいなぁと、
すごい美味しかったです~~!
是非、お試しあれ!

お芋が美味しい季節です

寒くなってから、
母の畑から届くお野菜も
冬のお野菜へと変わってきました。

キャベツに白菜、ブロッコリー(冬?)
小松菜に、春菊、里芋、たけのこ芋、、、

そうなんですよ〜
美味しいお芋の季節です。
大好きなたけのこ芋。

IMG_1186

ちょっと見た目がイマイチだけど
ホックホクで、キメが細かくて最高なのです。

お湯をたっぷり沸かして
厚めに皮をむいて、、、
これ、、大嫌いな作業、、、
手がカイカイするんですよ。。。
それでも食べたい(笑)

下茹でをして、出汁とみりん、お砂糖、、お醤油
甘さは最初に強めにつけて、、

最近、和食屋の板前さんに
「甘さは後から入らない、塩気は後からも入る」
と教えていただきました。

甘さは最初にきちんと。
塩気は足りなければ後からでも。、

お芋の下茹でも、
今まではやったことなんてなかったけれど
やっぱり、丁寧に下ごしらえをすると
こんなにも違うものかと、、、

筑前煮の里芋は、下茹でしないで
塩で揉んで水洗いを、、
とも教えていただきました。

かなり贅沢な和食屋さんなのですが
たまにプロの味に舌鼓を打ち、
日頃のお料理にちょっとでも
生かすことが出来るといいなと思います。

IMG_1185

優しい味に仕上がった、たけのこ芋。
エンドレスに食べられちゃうんですよね〜〜